読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

バイデン米大統領、欧州との関係強化に取り組む意向…英仏首脳らと相次ぎ電話会談

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】米国のバイデン大統領は24日、フランスのマクロン大統領と電話で会談した。北大西洋条約機構(NATO)などを通じ、米国と欧州の同盟関係強化に取り組む意向を伝えた。

 ホワイトハウスの声明によると、両首脳は気候変動問題や新型コロナウイルスへの対策、世界経済の回復といった共通の課題に対し、緊密に連携することで合意した。中国やロシア、中東に対する外交政策で協力していくことも確認した。

 バイデン氏は22日以降、連日にわたって各国首脳と電話会談し、外交活動を本格化させている。23日のジョンソン英首相との電話では、米英の「特別な関係を強化する」との考えを示した。米欧関係はNATOを軽視するような発言を繰り返したトランプ前政権下で悪化したが、バイデン氏は関係修復を重視する立場を鮮明にしている。

無断転載・複製を禁じます
1793904 0 国際 2021/01/25 10:07:00 2021/01/25 10:07:00 2021/01/25 10:07:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)