読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

アジアで海賊や武装強盗増加…ナイフを持って侵入、船員の誘拐も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ハノイ=田中洋一郎】アジア海賊対策地域協力協定情報共有センター(事務局・シンガポール)は、アジア海域で船舶に対する海賊行為や武装強盗の報告事案(未遂を含む)が昨年1年間で97件に上り、前年の83件から増えたと発表した。

 ナイフを持って侵入し、備品や部品を奪う事案が多いという。マレーシア沖では漁船の船員が誘拐された。発生場所別ではマラッカ・シンガポール海峡が34件と最も多い。シンガポールのテレビ局チャンネル・ニュース・アジアによると、センターの黒木雅文事務局長は記者会見で、事案増加の背景として、新型コロナウイルス感染拡大で域内諸国の経済が低迷していることを挙げた。

無断転載・複製を禁じます
1795446 0 国際 2021/01/25 18:22:00 2021/01/26 01:01:34 2021/01/26 01:01:34

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)