読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

プーチン氏、内政干渉や制裁は「新たな軍事紛争を生む危険」…他国をけん制

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=工藤武人】ロシアのプーチン大統領は27日、世界経済フォーラムのオンライン会合「ダボス・アジェンダ」での演説で、内政干渉や制裁などが「新たな軍事紛争を生む危険性の増大につながる」との認識を示した。

 日米などの先進7か国(G7)外相は26日の共同声明でロシアの反政権運動指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の即時釈放を求めた。プーチン氏の発言には、こうした動きをけん制する意図がありそうだ。

 プーチン氏は、新型コロナウイルスの流行で「不満やいらだちの原因を国外に求める傾向が強まり、行動が攻撃的になっている」と述べた。米欧の名指しは避けたが、行動の具体例として「従属を拒否する国々」に対する「圧力」や「違法な制裁」を挙げ、これらが「一方的な軍事力行使のリスクを高める」と警告した。

無断転載・複製を禁じます
1804125 0 国際 2021/01/28 21:34:00 2021/01/28 21:34:00 2021/01/28 21:34:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)