読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「戦争の脅しだ」フィリピンとベトナム、中国の海警法施行に反発

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ハノイ=田中洋一郎】中国が2月1日から、中国海警局(海警)に武器使用などを認める海警法を施行することに対し、南シナ海で中国との間に領有権問題を抱えるフィリピン、ベトナムが反発している。

 フィリピンのテオドロ・ロクシン外相は27日、自身のツイッターに「この法律は、戦争の脅しだ。異論がなければ、屈服したとみなされるだろう」と投稿し、すでに外交ルートで抗議していることを明かした。

 ベトナム外務省の報道官も29日、同法に関して「関係国がベトナムの主権を尊重し、緊張を高める行動を行わないよう求める」とする声明を出した。

無断転載・複製を禁じます
1809007 0 国際 2021/01/30 22:40:00 2021/01/30 23:24:31 2021/01/30 23:24:31

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)