読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

韓国の「同伴者」だった日本、国防白書が「隣国」に格下げ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=上杉洋司】韓国国防省は2日、2020年版の国防白書を公表した。前回白書では日本を「同伴者」と位置づけたが、「隣国」に表現を変更した。韓国政府関係者は、日本による輸出管理厳格化を理由に「隣国が妥当と判断した」と述べ、日韓関係の冷え込みを反映させたことを明らかにした。

 国防白書は2年ごとに発行され、文在寅ムンジェイン政権では2回目だ。

 20年版の白書は、日本について「東北アジアおよび世界の繁栄のため、共に協力していくべき隣国」と記述した。18年版では「地理的、文化的に近い隣国で共に協力すべき同伴者」だった。

 北朝鮮については、「大量破壊兵器が朝鮮半島の平和と安定に対する脅威だ」とした。前回削除した「我々の敵」との表現は、今回も使わなかった。

 韓国が不法占拠している島根県・竹島(韓国名・独島)については、前回と同様、「歴史的、地理的、国際法的に明白な韓国固有の領土である」と記述した。

     ◇

 日本の防衛省は2日、韓国の国防白書について、東京の韓国大使館の駐在武官を同省に呼び出し、「竹島の領有権に関する我が国の立場と相いれない内容が記述されている」と強く抗議した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1815752 0 国際 2021/02/02 20:15:00 2021/02/03 08:53:18 2021/02/03 08:53:18

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)