読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米駆逐艦、台湾海峡を通過…バイデン政権下で初

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【台北=杉山祐之】米海軍第7艦隊などによると、米ミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」が4日、台湾海峡を北から南に航行した。1月のバイデン米政権発足後、米軍艦艇が台湾海峡を通過したのは初めて。バイデン政権は今回、台湾への軍事的圧力を強める中国に、今後も台湾に関与し続けていく姿勢を示した。

 中国外務省の汪文斌ワンウェンビン副報道局長は4日の定例記者会見で、中国軍が米艦の通過を監視していたとし「(米軍の)あらゆる挑発にいつでも対応し、国家主権を断固として守る」と反発した。

 一方、台湾外交部(外務省)は4日、南米ガイアナとの間で先月に「台湾事務所」開設で合意し、一部業務が始まったと発表した。米大使館にあたる米国在台湾協会台北事務所は「すべての国は台湾とのより緊密な関係、より良き協力を自由に追求していくべきだ。台湾の国際的パートナー関係の拡大を引き続き支持する」との報道文を出した。

無断転載・複製を禁じます
1821392 0 国際 2021/02/04 23:34:00 2021/02/04 23:44:36 2021/02/04 23:44:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)