読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

WHO調査団「ウイルス発生は武漢とは限らない」…「研究所流出説」は否定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

9日、中国湖北省武漢市で、記者会見するWHO国際調査団のメンバーら(ロイター)
9日、中国湖北省武漢市で、記者会見するWHO国際調査団のメンバーら(ロイター)

 【武漢(中国湖北省)=吉岡みゆき、ジュネーブ=杉野謙太郎】新型コロナウイルスの感染拡大の経緯や発生源を探る世界保健機関(WHO)の国際調査団は9日、武漢市での現地調査を終え、中国側と共同で記者会見した。国際調査団は国際社会が注目していた「武漢ウイルス研究所」からの流出説をほぼ否定しつつ、ウイルスが武漢以外の場所で発生した可能性にも言及した。今後、周辺国も含めて調査を続けたい考えという。

最初に集団感染が確認された「華南海鮮卸売市場」を視察するWHOの国際調査団のメンバーら(1月31日、中国湖北省武漢市で)=片岡航希撮影
最初に集団感染が確認された「華南海鮮卸売市場」を視察するWHOの国際調査団のメンバーら(1月31日、中国湖北省武漢市で)=片岡航希撮影

 国際調査団を率いる感染症専門家ピーター・ベンエンバレク氏は、人への感染経路について「中間の動物を介した感染が最も可能性がある」とした上で、「ウイルスが発生したのは武漢とは限らない」と述べた。調査団メンバーのマリオン・クープマンス氏によると、「治療に当たった233か所の病院の病例や死亡率から判断した」という。

 ベンエンバレク氏は、武漢で採取された新型コロナの遺伝子配列は「コウモリのものと高い相関がある」とし、ウイルスの起源究明には、中国だけでなく近隣諸国でもコウモリのサンプルを調べる必要があると強調した。

残り:963文字/全文:1711文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1831202 0 国際 2021/02/09 18:33:00 2021/02/10 09:16:47 2021/02/10 09:16:47 初期に感染者が集中した華南海鮮卸売市場を視察するWHOの国際調査団のメンバーと中国側の専門家ら(31日午後3時30分、湖北省武漢市で)=片岡航希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210209-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)