読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

メディア関係者も拘束か、ミャンマーで4日連続の大規模デモ…警官のゴム弾で1人重体

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【バンコク=津田知子】国軍がクーデターを強行したミャンマーで9日、4日連続となる大規模抗議デモが首都ネピドーなど各地で行われた。国軍側は、8日に夜間外出禁止命令を発出したほか、9日には警官隊によるデモ隊の強制排除に向けた動きを本格化させ、約20人が重軽傷を負った。

 現地の本紙通信員の取材などによると、ネピドーで警官がゴム弾などを発射し、1人が頭を撃たれ重体となった。第2の都市マンダレーでは、警官隊が放水や催涙ガスでデモ隊の排除に乗り出し、ロイター通信は、メディア関係者を含め少なくとも27人が拘束されたと報じた。8日以降、マンダレーだけで約200人が拘束されたという。

 国軍が設置した意思決定機関「国家統治評議会」は8日、最大都市ヤンゴンやマンダレーの一部地域などを対象に夜間外出禁止令を出した。午後8時から午前4時までの外出や、公共の場での5人以上の集会が禁止となった。

 評議会議長を務めるミン・アウン・フライン国軍最高司令官は8日夜、国民向けに演説し、「過去の軍事政権とは違い、真の規律ある民主主義体制を構築する」と述べ、クーデターの正当性を改めて主張。デモ参加者を念頭に、「感情に流されないでほしい」と呼びかけた。

無断転載・複製を禁じます
1831526 0 国際 2021/02/09 20:58:00 2021/02/09 20:58:00 2021/02/09 20:58:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)