ミャンマー抗議デモ、政府職員も参加

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

10日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、クーデターに抗議するデモ参加者ら(AP)
10日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、クーデターに抗議するデモ参加者ら(AP)

 【バンコク=田原徳容】ミャンマーでクーデターを強行した国軍に対する大規模抗議デモは10日、5日目に入った。抑え込みを図る国軍側に対し、国民は反発をいっそう強め、政府職員も参加するなど拡大の一途をたどっている。

 現地の本紙通信員の取材などによると、最大都市ヤンゴンでは数万人が路上などに繰り出し、拘束されているアウン・サン・スー・チー国家顧問らの解放などを訴えた。中国大使館前では、国軍と関係が深く、静観を決め込む中国を批判する声が上がった。職場ボイコットも増えており、ヤンゴンでは教育省職員や国営紙スタッフらが加わった。

 警察当局は9日夜、スー・チー氏率いる国民民主連盟(NLD)の本部事務所を強制捜査し、書類などを押収した。国軍側は夜間外出禁止令の適用範囲を首都ネピドーなどにも広げ、締め付けを強化している。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1834893 0 国際 2021/02/10 22:13:00 2021/02/10 22:56:56 2021/02/10 22:56:56 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210210-OYT1I50086-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)