読売新聞オンライン

メニュー

イタリア新首相、ドラギ前欧州中銀総裁が就任へ…親EU路線に転換

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ドラギ氏(AP)
ドラギ氏(AP)

 【ローマ=笹子美奈子】イタリア大統領府は12日、マリオ・ドラギ前欧州中央銀行(ECB)総裁(73)が新首相に就任すると発表した。13日に就任宣誓式に臨み、新政権が発足する。

 イタリアでは2018年6月から新興ポピュリズム政党「五つ星運動」を中心とした欧州連合(EU)の懐疑派が政権を握ってきた。新型コロナウイルス対策や財政問題を巡り、EUとの協調を重視するドラギ氏の下で親EU路線に転換する。

 ドラギ氏は12日、セルジョ・マッタレッラ大統領と会談。政党間の調整結果を報告し、閣僚名簿を提出した。大統領は名簿を承認し、ドラギ氏は首相指名を受諾した。五つ星運動、右派「同盟」、中道左派「民主党」、シルビオ・ベルルスコーニ元首相率いる中道右派などによる大連立政権となる。

 無所属のジュゼッペ・コンテ首相は1月下旬、少数政党の離反で上院の過半数を失い、辞任した。ドラギ氏は次期首相候補として政党間の調整を行い、極右を除く支持を得た。

無断転載・複製を禁じます
1839406 0 国際 2021/02/13 04:28:00 2021/02/13 11:20:20 2021/02/13 11:20:20 Incoming Italian Prime Minister Mario Draghi speaks to the media after meeting with Italian President Sergio Mattarella, in Rome, Italy, Friday, Feb. 12, 2021. (Yara Nardi/Pool photo via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210213-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)