読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

韓国バレーの「アイドル」双子姉妹、子供時代のいじめ理由に代表追放

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=上杉洋司】韓国女子バレーボールの主力選手として、東京五輪での活躍が期待された双子姉妹が、子供時代のいじめを理由に代表チームから追放された。厳しい処分には、暴力根絶に取り組む韓国スポーツ界の強い姿勢もある。

ファン投票でオールスターチームに選ばれ、記念撮影をするイ・ジェヨン(左)、ダヨン両選手(1月26日、韓国・仁川市で)=聯合ニュース提供
ファン投票でオールスターチームに選ばれ、記念撮影をするイ・ジェヨン(左)、ダヨン両選手(1月26日、韓国・仁川市で)=聯合ニュース提供

 処分されたのは、24歳のイ・ジェヨン、ダヨンの2選手。バレーの元五輪選手の母を持ち、共に高校で代表デビューした。アイドル並みに注目され、自動車のCMにも出ている。

 発端はインターネットで今月10日公開された、小・中学時代のバレー部後輩という4人による告発だ。

 「合宿所で消灯後、雑用を命じられ、断ると刃物で脅された」「恐喝したお金でおやつを買って、仲間だけで食べていた」「頭を殴られた」など、21項目の悪行を列挙し、「今もトラウマがある」と訴えた。

 東亜日報などによると、4人に告発を決意させたのは、いじめ問題を論じたダヨン選手のSNSへの投稿だ。「いじめる方は楽しくても、いじめられた方は死にたい」と、被害者への共感をアピールしたことが、自身の過去の行為を忘れていると映ったようだ。

 ネットで炎上すると、両選手は「分別がないころの無責任な行動で、多くの方を傷つけた」などと自筆の謝罪文を公開した。しかし収まるどころか、他にもいじめを受けたとする書き込みが続いた。

 韓国バレーボール協会は15日、両選手を代表チームから無期限に除外し、東京五輪など国際大会にも出場させないと発表した。

 聯合ニュースによると、文在寅ムンジェイン大統領は16日、大統領府の会議で「学校から国の代表チームまで、暴力をなくさなくてはならない」と述べた。文化体育観光省は16日、バレーボール以外でも暴力で処分歴があれば、代表チームの選考対象から外す方針を示した。

無断転載・複製を禁じます
1847030 0 国際 2021/02/16 20:53:00 2021/02/17 18:47:31 2021/02/17 18:47:31 イ・ジェヨン選手(左)とイ・ダヨン選手=聯合ニュース提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210216-OYT1I50078-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)