米政府、北朝鮮ハッカー3人を訴追…サイバー攻撃で1380億円以上の暗号資産など盗む

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロサンゼルス=久保庭総一郎】米司法省は17日、サイバー攻撃で各国企業から計13億ドル(約1380億円)以上の暗号資産(仮想通貨)や現金を盗むなどしたとして、北朝鮮人ハッカー3人を訴追したと発表した。

 司法省によると、3人は平壌の軍事情報機関に所属する27~36歳の男で、暗号資産取引所や金融機関、オンラインカジノを標的にサイバー攻撃などを仕掛けた疑いがある。米国、英国、韓国、台湾、ベトナムなどの企業が被害に遭ったという。米メディアによると、被害総額は、北朝鮮の2019年の民間輸入総額(推計値)の約半分に相当するという。

 3人は、14年に映画会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの未公開映像などが流出したサイバー攻撃にも関与し、1人は18年9月に訴追されている。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1850960 0 国際 2021/02/18 10:41:00 2021/02/18 11:09:50 2021/02/18 11:09:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)