読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ「根絶」宣言していたタンザニア、流行を初めて認めマスク着用呼びかけ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ヨハネスブルク=深沢亮爾】東アフリカ・タンザニアのシチズン紙によると、タンザニアのジョン・マグフリ大統領は21日、国内での新型コロナウイルスの流行を初めて認め、マスク着用を国民に呼びかける演説を行った。タンザニア政府は昨年6月に新型コロナの「根絶」を宣言していたが、今年1月から感染者が国内で急増していた。

 タンザニア政府は声明で、今後もロックダウン(都市封鎖)などの規制は行わないとの方針も明言した。

 タンザニアはこれまで、ワクチンの導入を拒むなど、感染の危険を軽視してきた。世界保健機関(WHO)は域内の感染拡大の温床となり得るとして、政策の変更を強く求めていた。

無断転載・複製を禁じます
1859707 0 国際 2021/02/22 12:01:00 2021/02/22 12:01:00 2021/02/22 12:01:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)