読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

英、ロックダウンを4段階で緩和へ…6月に接触無制限に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=広瀬誠】英政府は22日、新型コロナウイルス対策として英イングランド全域で1月上旬から実施しているロックダウン(都市封鎖)の緩和に向けた指針を発表した。3月に学校を再開し、夏に向けて店舗営業や外出などの制限を少しずつ緩めて社会を正常化させていく。

 指針では、緩和を4段階に分けた。最初は3月8日から学校の対面授業を再開し、ピクニックなど屋外での気晴らしも認める。早くて4月12日から生活必需品以外を扱う店の営業、5月17日から飲食店の屋内営業などを認める。最後の4段階目では、6月21日から人との接触制限がほぼ無くなり、ナイトクラブの営業も認められる。

 ただし、新しい段階に入る前に、政府はワクチン接種やウイルスの流行、変異ウイルスの危険性などを精査し、緩和の可否を検討する。ジョンソン首相は22日、下院で「指針は自由を取り戻すため、用心深く我々を導くものだ」と述べた。

 英国の1日あたりの新規感染者数は、1月上旬の5~6万人から最近は約1万人まで減ったが、入院患者数は約2万人で昨年春のピーク時と変わらない。昨年12月に始まったワクチン接種は人口の25%以上が1回目の接種を終え、7月末までに大人全員が接種を受ける見通しだ。

無断転載・複製を禁じます
1861514 0 国際 2021/02/23 07:29:00 2021/02/23 09:31:20 2021/02/23 09:31:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)