炎上した旅客機エンジン、内部の羽根が金属疲労で破損か…米運輸安全委

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロサンゼルス=久保庭総一郎】米国家運輸安全委員会(NTSB)は22日の記者会見で、コロラド州デンバー上空でユナイテッド航空の旅客機(ボーイング777―200型)の右翼エンジンが炎上した事故について、エンジン内の羽根(ファンブレード)が金属疲労を起こして破損したとの見方を示した。

 NTSBは回収した破損部品を研究施設に持ち込み、破断面を詳しく分析することで、部品に亀裂が入り始めた時期などの特定を急ぐ考えだ。パイロットや客室乗務員のヒアリングを進めているほか、機体の整備記録も調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1862174 0 国際 2021/02/23 18:35:00 2021/02/23 19:31:59 2021/02/23 19:31:59

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)