読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

自然災害で住居奪われた人たちが「過激主義者に取り込まれる」…英首相、気候変動の影響懸念

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=寺口亮一】国連安全保障理事会は23日、気候変動問題を巡るハイレベル会合をオンライン形式で開いた。英国のジョンソン首相が議長を務め、「気候変動は安全保障上の脅威だ」として国際社会の連携を呼びかけた。

23日、ロンドンで、国連安保理のハイレベル会合に参加するジョンソン英首相(左)=ロイター
23日、ロンドンで、国連安保理のハイレベル会合に参加するジョンソン英首相(左)=ロイター

 ジョンソン氏は、気候変動の影響について、自然災害で住む場所を奪われるなどして不満を持つ人が「過激主義者に取り込まれる」と懸念を示した。

 米国のジョン・ケリー大統領特使は英国の考えに同調した上で、2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにするバイデン政権の目標を「大統領が今後、誰になろうとも逆戻りすることはない」と強調した。

 中国とロシアなどは気候変動を安保理で取り上げることに慎重な姿勢を示した。会合は11月に英国で開かれる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に向けて機運を高めようと開催された。

無断転載・複製を禁じます
1863402 0 国際 2021/02/24 10:26:00 2021/02/24 10:49:53 2021/02/24 10:49:53 Prime Minister Boris Johnson watches a video address by Sir David Attenborough at a session of the UN Security Council on climate and security at the Foreign, Commonwealth and Development Office in London, Britain February 23, 2021. Stefan Rousseau/Pool via REUTERS https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210224-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)