沖縄県・尖閣沖への領海侵入「常態化していく」…中国国防省がSNS上で発表

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=比嘉清太】中国国防省は1日、沖縄県・尖閣諸島の周辺海域で続いている中国当局による領海侵入について、「中国公船が自国の領海で法執行活動を行うのは正当であり、合法だ。引き続き常態化していく」とする方針をSNS上で発表した。

 一方、海上保安機関・海警局(海警)などの船が尖閣諸島に上陸する目的で島に接近した場合、日本側は相手を負傷させる可能性のある「危害射撃」を行える場合があるとの見解を日本政府が示したことについて、中国外務省報道官は1日の定例記者会見で「いかなる挑発行為にも断固対応する」と反発を示した。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1877846 0 国際 2021/03/01 18:02:00 2021/03/01 21:53:30 2021/03/01 21:53:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)