読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ミャンマー抗議デモ、1日で最多の38人死亡…治安部隊が発砲

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=寺口亮一】ミャンマーを担当する国連のクリスティン・ブルゲナー事務総長特使は3日、ミャンマー国軍のクーデターに抗議するデモ参加者への治安部隊による発砲で、3日の死者が38人に上ったと明らかにした。1日の犠牲者としては最多となる。状況悪化を踏まえ、国連安全保障理事会は5日に非公開の緊急会合を開催する。

3日、ミャンマー中部マンダレーで、警察の発砲後、地面に身を伏せる抗議デモ参加者ら(ロイター)
3日、ミャンマー中部マンダレーで、警察の発砲後、地面に身を伏せる抗議デモ参加者ら(ロイター)

 ブルゲナー氏はオンラインで行った記者会見で、2月1日のクーデター後に50人以上が犠牲になったと説明し、国際社会が連携して国軍への圧力を高めるよう呼びかけた。

 無抵抗の市民が至近距離から発砲されて殺害されたケースも動画で確認したという。専門家は、治安部隊がサブマシンガンを装備し、実弾を使用したとみている。

 ブルゲナー氏は国軍のソー・ウィン副司令官と2月に対話した際、安保理による制裁を警告し、国際社会で孤立する可能性を伝えたことも明らかにした。これに対し、ソー・ウィン氏は「我々は制裁には慣れている」とし、「数少ない友人と歩むすべを学ばなければならない」と語り、動じる様子はなかったという。

 ミャンマー情勢について、米欧を中心に反発が強まっている。5日に予定される安保理の緊急会合は、英国が要請した。ブルゲナー氏は記者会見で、対話による解決を目指すとしながらも、「強力な措置を取る必要がある」と強調した。

 ただ、安保理では拒否権を持つ常任理事国の中国とロシアが「ミャンマーの内政問題」との立場を示しており、国軍への制裁などには同意しないとみられる。

無断転載・複製を禁じます
1885618 0 国際 2021/03/04 12:08:00 2021/03/04 12:34:26 2021/03/04 12:34:26 Protesters crouch after police opened fire to disperse an anti-coup protest in Mandalay, Myanmar, March 3, 2021. Among them, Angel, 19, left, also known as Kyal Sin, took cover before she was shot in the head. REUTERS/Stringer https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210304-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)