読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

世界の感染者1億1750万人、死者260万人…WHOパンデミック宣言から1年

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長が、新型コロナウイルスの流行を「パンデミック(感染症の世界的な大流行)とみなすことができる」と宣言してから、11日で1年となる。各国でワクチン接種が進むものの、地域差と数量不足から、終息には時間がかかる見通しだ。

パリ近郊の病院の集中治療室で、コロナ患者の治療にあたる医療従事者ら(8日、ロイター)
パリ近郊の病院の集中治療室で、コロナ患者の治療にあたる医療従事者ら(8日、ロイター)

 1年前の宣言時に世界の感染者数は約11万8000人、死者数は4291人だった。米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、10日現在の感染者数は約1億1750万人、死者数は約260万人に上る。新規感染は一時、減少傾向にあったが、今年2月下旬から再び増加した。変異ウイルスの広がりや、「コロナ疲れ」による対策の不徹底が背景にある。

 WHOによると、世界のワクチン接種回数は計約2億7000万回で、米英など一部の先進国や中国が先行する。国際的枠組み「COVAX(コバックス)」による途上国へのワクチン供給も始まったが、数が足りず、生産増が課題だ。

 テドロス氏は8日の記者会見で「私たちは大変に苦しみ、あまりに多くを失ってきた」と振り返り、「(ワクチンなど)パンデミックを制御する手立てはあるが、継続的かつ公平に使ってこそ可能だ」と指摘した。

無断転載・複製を禁じます
1901075 0 国際 2021/03/10 19:16:00 2021/03/11 03:18:29 2021/03/11 03:18:29 Medical staff members work in the Intensive Care Unit (ICU) where patients suffering from the coronavirus disease (COVID-19) are treated at the Melun-Senart hospital, near Paris, France, March 8, 2021. REUTERS/Benoit Tessier https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210311-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)