読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

香港の選挙制度見直し、米が非難「民主主義に対する攻撃」…英も声明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦、ロンドン=緒方賢一】米国のブリンケン国務長官は11日、中国の全国人民代表大会(全人代)が香港の選挙制度の見直しを採択したことを受け、「香港の民主主義制度に対する中国による継続的な攻撃を非難する」との声明を出した。

 ブリンケン氏は、中国が香港を巡る欧米などの言動について「内政干渉」と主張していることを念頭に、「香港への締め付けを国内問題にしようとする中国の試みは、少なくとも2047年まで香港の自治や自由を守るという中英共同宣言での約束を無視している」と指摘。立法会(議会)選挙を「透明かつ信頼できる方法」で実施することや、国家安全維持法違反に問われている民主派らの起訴を取り下げることを求めた。

 中英共同宣言では、香港が英国から中国に返還された後も、50年間は「高度な自治」が保障されている。

 英国のドミニク・ラーブ外相も11日の声明で、「中国が約束した香港の民主的な議論を空洞化させる」と指摘。中国は国際的な責任と法的義務を守るべきだとし、採択によって「中国の信頼がさらに損なわれる」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1905490 0 国際 2021/03/12 12:26:00 2021/03/12 12:41:01 2021/03/12 12:41:01

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)