暴行死の黒人男性遺族に和解金29億円…事件機にBLM運動が拡大

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=村山誠】米ミネソタ州ミネアポリス市は12日、昨年5月に警察官に首をひざで押さえ付けられて死亡した黒人男性ジョージ・フロイドさん(当時46歳)の遺族に対し、和解金2700万ドル(約29億円)を支払うことを決めた。全会一致で和解案を承認した市議会と遺族側が発表した。うち50万ドルは、事件が起きた現場地域のために使われるという。

 この事件を機に昨年、人種差別に抗議する「ブラック・ライブズ・マター(BLM=黒人の命は大切だ)」運動が全米や世界各地に拡大した。遺族は昨年7月、市や事件に関わった元警察官4人を相手取り、民事訴訟を起こしていた。

 一方、第2級殺人罪などに問われた元警察官の1人、デレク・ショービン被告(44)の公判は今月9日に始まり、陪審員の選任手続きが続いている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1907895 0 国際 2021/03/13 10:24:00 2021/03/13 13:08:15 2021/03/13 13:08:15

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)