読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国挑発「米国はもはや国際社会を代表しない」…米中外交トップが対面会談、非難の応酬

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦、北京=中川孝之】米中外交トップの会談が18日午後(日本時間19日午前)、米アラスカ州アンカレジで始まった。ブリンケン米国務長官は、香港や台湾を巡る中国の威圧が「世界の安定を維持するルールに基づく秩序を脅かしている」と批判し、米国や同盟国などの中国への懸念を幅広く提起する考えを示した。中国側は「内政干渉だ」と反発し、非難の応酬となった。

 米中高官の対面形式での会談は米バイデン政権発足後初めて。米側はブリンケン氏とジェイク・サリバン国家安全保障担当大統領補佐官、中国側は楊潔チ(よう・けつち)共産党政治局員と王毅(ワンイー)国務委員兼外相が出席した。会談は19日まで行うが、共同声明は発表しない見通しだ。

楊潔チ氏
楊潔チ氏

 日韓歴訪の帰途にアンカレジ入りしたブリンケン氏は会談の冒頭で「取り上げる問題は、米中だけでなく地域全体に関連することだ」と指摘した。米側は沖縄県・尖閣諸島周辺での中国船の領海侵入も取り上げる予定だ。

 サリバン氏も「世界中の同盟国やパートナー国から懸念を聞いている」と述べ、「我々の対中アプローチは米国民のためになり、同盟国やパートナー国の利益を守るものだ」と強調した。

 これに対し、楊氏は米側が問題視する香港や台湾への威圧、新疆ウイグル自治区の少数民族迫害について、「いずれも中国の領土の一部で、米国の介入に断固反対する」と主張した。

 米側が会談に先立ち、日米豪印のテレビ首脳会談や日韓歴訪で中国をけん制したことを念頭に、「中国や国際社会が守るのは、少数の国が言う『法に基づく国際秩序』ではない」とし、「米国はもはや国際社会を代表しない」と挑発した。

 王氏は、米政府が会談の直前に、香港の自治侵害に関与した中国当局者らを制裁対象に追加したことに触れ、「これが交渉を有利にするためなら、計算違いだ」などと述べた。

 会談で米中双方は、協力の可能性についても意見交換する。楊氏は「中米は大国としての責任がある。利害が重なり、協力できることは多い」として、新型コロナウイルス対策、世界経済の立て直し、気候変動分野を協力案件に挙げた。

 ロイター通信によると、会談の冒頭発言は1人2分ずつの約束だったが、楊氏は約15分間、中国語で話し続けた。米政府高官は「中国側はスタンドプレーを意図している」と批判した。

◇米中の発言のポイント

 【米国】

 ▽香港、台湾、新疆ウイグル自治区、サイバー攻撃、同盟国に対する経済的威圧など、中国の行為に対する深い懸念を議論する

 ▽こうした行為は、世界の安定を維持している、ルールに基づく秩序を脅かす

 ▽我々は中国との衝突を求めていないが、厳しい競争は歓迎する

 【中国】

 ▽香港などは中国の内政事案で、米国の内政干渉に断固反対する

 ▽米側は会談直前に香港問題で制裁を発動し、交渉材料にしようとした

 ▽新型コロナウイルス対策や経済復興、気候変動分野で米中は協力できる

無断転載・複製を禁じます
1922036 0 国際 2021/03/19 11:27:00 2021/04/17 12:00:04 2021/04/17 12:00:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210319-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)