読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国漁船220隻集結、フィリピン国防相「挑発的」…民兵も乗船か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

フィリピン西方の南シナ海に停泊する中国船(7日、フィリピン沿岸警備隊提供)=AP
フィリピン西方の南シナ海に停泊する中国船(7日、フィリピン沿岸警備隊提供)=AP

 【ハノイ=田中洋一郎】フィリピンのデルフィン・ロレンザーナ国防相は21日、パラワン島沖の南シナ海上に中国漁船約220隻が集結していることについて、「挑発的」だと非難した上で「すぐに侵入をやめ、船を戻すべきだ」と中国側に求める声明を発表した。

 テオドロ・ロクシン外相も21日、自身のツイッターで、外交ルートを通じて中国に抗議したと明らかにした。フィリピン軍の広報担当者によると、軍は航空機や艦船を現場海域に向かわせ、警戒にあたるという。

 現場海域は、中国やフィリピンなどが領有権を争うスプラトリー(南沙)諸島周辺で、フィリピンは自国の排他的経済水域(EEZ)内としている。漁船群は漁業活動を行っておらず、夜間には白色灯を点灯させて停泊しているといい、フィリピン政府は、民兵が乗船し、領有権を主張する行為を行っているとみている。

 2019年にも、現場海域に近いフィリピンが実効支配する島の周辺に、中国船舶数百隻が集結した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1927584 0 国際 2021/03/22 10:14:00 2021/03/22 10:36:21 2021/03/22 10:36:21 In this March 7, 2021, photo provided by the Philippine Coast Guard/National Task Force-West Philippine Sea, some of the 220 Chinese vessels are seen moored at Whitsun Reef, South China Sea. The Philippine government expressed concern after spotting more than 200 Chinese fishing vessels it believed were crewed by militias at a reef claimed by both countries in the South China Sea, but it did not immediately lodge a protest. (Philippine Coast Guard/National Task Force-West Philippine Sea via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210322-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)