読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「米は世界平和と発展に損害」中露外相、対バイデン政権への結束で一致

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=中川孝之、モスクワ=工藤武人】中国の王毅ワンイー国務委員兼外相とロシアのセルゲイ・ラブロフ外相が22日、中国広西チワン族自治区桂林で会談し、米国のバイデン政権に中露が結束して対抗する方針を確認した。習近平シージンピン政権は、米国が対中包囲網の構築を進める中、ロシアとの連携を一段と強化する考えだ。

22日、中国南部の広西チワン族自治区桂林で、会談前にあいさつする中国の王毅国務委員兼外相(右)とロシアのラブロフ外相=AP
22日、中国南部の広西チワン族自治区桂林で、会談前にあいさつする中国の王毅国務委員兼外相(右)とロシアのラブロフ外相=AP

 ロシア外務省によると、両外相は23日に本格的な会談に臨み、終了後に共同声明を発表する見通しだ。

 ラブロフ氏は王氏の招待で22日に訪中した。中国外務省によると、会談で両外相は対米関係について互いに報告し、「米国は世界の平和と発展に損害を及ぼしている。他国の内政への干渉を停止すべきだ」との認識で一致した。中露に圧力をかけるため、米国が同盟国や友好国と進める連携強化の動きについても、「小グループの形成」と表現し、反対姿勢を鮮明にした。

 今年は中露善隣友好協力条約の締結から20年にあたる。両外相は23日の会談で、経済や安全保障など広範な分野で協力を拡大すると強調し、「史上最良の両国関係」(ラブロフ氏)を誇示するものとみられる。

 中露はバイデン政権の発足で、これまで以上に関係を強化する必要に迫られている。王氏は18~19日、楊潔チヤンジエチー(よう・けつち)共産党政治局員と米アラスカ州でブリンケン米国務長官らと初会談し、新疆ウイグル自治区での少数民族弾圧などを巡り激しく対立した。

 米露関係も、バイデン大統領が17日放映の米テレビ局とのインタビューで、プーチン露大統領について「人殺しだ」との認識を示したことにロシアが反発。駐米大使を帰国させるなど緊張が高まっている。

無断転載・複製を禁じます
1930180 0 国際 2021/03/23 10:35:00 2021/03/23 10:35:00 2021/03/23 10:35:00 CAPTION CORRECTS THE CITY In this photo released by the Russian Foreign Ministry Press Service, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov, left, and Chinese Foreign Minister Wang Yi greet each other prior to their talks in Guilin, China, Monday, March 22, 2021. (Russian Foreign Ministry Press Service via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210323-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)