中国で「H&M」不買運動、商品検索も不可能に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国新疆ウイグル自治区の人権問題を巡り、国内でスウェーデンのファッションブランド「H&M」の商品の不買を呼びかける動きが広がっている。H&Mが自治区産の綿花を製品に使用しないと表明しているためだ。

 中国共産党の青年組織・共産主義青年団(共青団)は24日、SNSで「新疆の綿花は拒否するのに、中国で金を稼ぎたいのか」と非難した。国営メディアも、「自分の利益だけ取って、中国の利益を侵害している」などと反発している。IT大手アリババ集団や京東集団(JDドットコム)などが運営する大手通販サイトでは、商品の検索ができなくなった。

 H&Mへの批判が急速に高まったのは、米国や欧州連合(EU)などが人権問題を巡り、対中制裁で足並みをそろえたことが背景にあるとみられる。H&Mは24日夜、「いかなる政治的立場も代表しない。中国の消費者を尊重し、中国での長期的な発展に力を尽くす」とSNSで発表した。(上海支局 南部さやか)

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1936225 0 国際 2021/03/25 13:21:00 2021/03/25 13:48:28 2021/03/25 13:48:28

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)