読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国とイラン、25年間の関係強化へ協力文書…「対米」の共闘戦略

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【カイロ=酒井圭吾、北京=中川孝之】イランのジャバド・ザリフ外相と中国の王毅ワンイー国務委員兼外相は27日、テヘランで、経済や安全保障などの分野で今後25年間にわたって関係を強化することを定めた「包括的協力文書」に署名した。イラン国営通信が報じた。米国に対抗するため、中長期的に共闘する戦略と言える。

 英紙フィナンシャル・タイムズなどが報じた文書の草案によると、中国は25年間で総額4000億ドル(約44兆円)を投資し、イランの石油化学部門や高速鉄道、港湾、通信などのインフラ(社会基盤)を整備する。イランは見返りに、原油などのエネルギーを安価で提供する。中国側がイランの兵器開発や軍事訓練を支援する項目も含まれる模様だ。

 協力文書策定の方針は、習近平シージンピン国家主席が2016年にイランを訪れた際の共同声明に盛り込まれた。策定に向けた協議はイラン産原油の禁輸など米国の制裁が続く中、長期化していた。

残り:341文字/全文:751文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1942118 0 国際 2021/03/27 21:31:00 2021/03/27 23:45:21 2021/03/27 23:45:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)