読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

WHO報告書、武漢ウイルス研究所からの流出は「非常に考えにくい」…AP通信が草稿入手

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】AP通信によると、世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスの発生源を巡る中国湖北省武漢での現地調査を踏まえ、ウイルスはコウモリから別の動物を介してヒトに感染した可能性が高いとする報告書をまとめた。調査団が中国側と共同執筆した公表前の報告書の草稿をAP通信が入手したとしている。

 武漢ウイルス研究所からウイルスが流出した疑いについては「非常に考えにくい」と指摘しているという。

 WHOのテドロス・アダノム事務局長は29日に記者会見し、報告書を30日に公表すると明らかにした。当初は2月半ばにも概要が公表される予定だった。

 AP通信が29日に伝えた草稿の内容によると、報告書では感染経路に関して〈1〉中間の動物を介した感染〈2〉野生動物からの直接感染〈3〉冷凍食品に付着したウイルスからの感染〈4〉研究所からの流出――の「四つの仮説」が検証されている。このうち〈1〉~〈3〉については調査継続を求めているという。

無断転載・複製を禁じます
1946854 0 国際 2021/03/29 21:04:00 2021/03/29 21:18:23 2021/03/29 21:18:23

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)