「台湾を国家のように表記」とエイベックス謝罪…数年前の表記への批判、中国のSNSで相次ぐ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=田川理恵】中国国営新華社通信は1日、エンターテインメント大手のエイベックスが公式ウェブサイト上で台湾を国家のように表記したとして、「中国国民の感情を傷つけた」と伝えた。

 3月30日頃から中国のSNS上で批判が相次いだことを受け、エイベックスは31日、SNS上で「2018年記載の内容は我が社の公式な立場を代表するものではない」として謝罪した。該当の内容を削除したことも明らかにした。新華社通信は「国際的な大企業として中国で活動する際は『一つの中国』の原則を厳守すべきだ」とした。

 中国で人気のオーディション番組「創造営2021」にはエイベックス所属のタレントが複数出演している。番組で注目を集めたことから、数年前の表記が再び注目されたものとみられる。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1957641 0 国際 2021/04/02 22:24:00 2021/04/03 09:12:34 2021/04/03 09:12:34

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)