読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日米韓、北の非核化へ緊密連携…中国意識し3か国の結束示す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=田島大志】日本、米国、韓国の安全保障担当の高官が2日、米東部メリーランド州の米海軍兵学校で会談し、北朝鮮の非核化に向けて緊密に連携していく方針を確認した。対中政策を巡って日米と韓国の温度差が表面化する中、北朝鮮問題で足並みに乱れが生じないよう対応のすり合わせを図った。

 会談では北村滋国家安全保障局長、ジェイク・サリバン米国家安全保障担当大統領補佐官、徐薫ソフン韓国国家安保室長が顔をそろえた。会談後、「米国は韓国と日本に対する同盟の誓約を改めて確認し、日韓は2国間の結び付きと3か国協力の重要性を強調した」との共同プレス声明を発表した。

 会談は米国が主導した。バイデン政権が進めている対北朝鮮政策の見直しについて、日韓と最終調整したとみられる。

 3月にブリンケン米国務長官らが日韓両国を訪れた際、日米が中国の脅威に対抗姿勢を鮮明にしたのに対し、韓国は対中国で及び腰の姿勢が目立った。これを踏まえ、米国としては、今回の会談で改めて3か国の結束を示す狙いもあった。

 声明はインド太平洋の安全保障に言及したが中国は名指しせず、「共通の安全保障上の目標を守り、前進のために努力していくことを確認した」との表現で3か国の一致点を強調した。

 北村氏は2日、サリバン氏と個別の会談も行った。日米同盟の強化を確認したほか、16日に予定される日米首脳会談に向け、対中戦略や経済安全保障問題などを巡って協議した。

無断転載・複製を禁じます
1959466 0 国際 2021/04/03 22:28:00 2021/04/03 22:28:00 2021/04/03 22:28:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)