読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

バイデン氏次男「捜査で不正の嫌疑晴れる」…税務処理の不正疑惑巡り

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米国のバイデン大統領の次男ハンター・バイデン氏は、4日放送の米CBSニュースのインタビューで、自身の税務処理を巡る不正疑惑について、「捜査が終われば不正の嫌疑が晴れると100%確信している」と述べ、改めて潔白を主張した。ハンター氏は昨年12月、司法当局の捜査を受けていることを公表していた。

 捜査対象の内容については「言えない」としつつ、「完全に(捜査に)協力している」と強調した。米CNNは、中国などでのビジネスに関する違法な税務処理疑惑を巡り、捜査が進められていると報じている。

 ハンター氏はまた、汚職捜査の対象となったウクライナ企業の役員を務めたことについて「間違いを犯したとは思っていない」と語った。

 トランプ前大統領や共和党は、ハンター氏の海外ビジネスに不正があり、当時副大統領だったバイデン氏も関与した、と批判してきた。ハンター氏は「私や父が悪いことをしたという結論に達した捜査機関は一つもない」と反論した。

無断転載・複製を禁じます
1961962 0 国際 2021/04/05 10:35:00 2021/04/05 10:35:00 2021/04/05 10:35:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)