読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ナワリヌイ氏収監の刑務所、鶏肉焼きハンストに嫌がらせ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=工藤武人】ロシアの反政権運動指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の妻は6日、自身のインスタグラムで、ナワリヌイ氏が収監されている刑務所の所長から、ナワリヌイ氏の旅券が見つからないため、刑務所外の医療機関に受診させることができないと主張する手紙を受け取ったことを明らかにした。

 ナワリヌイ氏は背中などの激痛を訴え、適切な治療を求めて3月末からハンガーストライキに入っている。ナワリヌイ氏は、今年1月にドイツから帰国直後に空港で拘束された。「旅券紛失」は、呼吸器疾患も抱えるナワリヌイ氏の要求に応じない「口実」との見方がある。

 また、ナワリヌイ氏の妻によると、刑務所が受刑者の収容棟に電気調理器を持ち込んで鶏肉を焼き、ハンストをするナワリヌイ氏に嫌がらせをしたという。

 一方、ロシア外務省などによると、警察当局は6日、ナワリヌイ氏に適切な治療を受けさせるよう要請するために刑務所を訪れたナワリヌイ氏の担当医や、米CNNの取材チームを一時拘束した。

無断転載・複製を禁じます
1968507 0 国際 2021/04/07 18:47:00 2021/04/07 20:43:40 2021/04/07 20:43:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)