駐タイ大使が感染、クラスター発生とみられるナイトクラブ訪れた後判明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【バンコク=田原徳容】在タイ日本大使館は7日、梨田和也駐タイ大使が、首都バンコクで新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が発生したとみられるナイトクラブを3月25日に訪れ、その後、自身の感染が判明したと明らかにした。

全日空、成田―北京便を7月11日再開…感染流入の警戒で「北京発」のみの片道

 大使館によると、梨田氏は3月25日、バンコクの公邸で開かれた外務大臣表彰の伝達式の後、日本人らとナイトクラブに行った。29日頃に体調を崩し、回復したが、ナイトクラブに同行した人物の感染が4月2日に判明したため検査を受け、3日に陽性と診断された。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1969082 0 国際 2021/04/07 22:33:00 2021/04/08 20:53:59 2021/04/08 20:53:59

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)