読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ギリシャ王室一員で赤ん坊の時にクーデター、英軍が救出し貴族が父親代わり…死去のフィリップ殿下

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田慶太】英国のエリザベス女王(94)の夫のエディンバラ公フィリップ殿下が9日、ロンドン郊外のウィンザー城で亡くなった。99歳だった。英王室が発表した。高齢のため、2017年に公務から完全に引退していた。

 エリザベス女王は9日、フィリップ殿下の死去について「深い悲しみ」を表明し、英王室は「世界の人々とともにフィリップ殿下の死去を悼む」との声明を出した。

 フィリップ殿下は2月、体調を崩し、ロンドン市内の病院に入院した。3月に退院し、療養を続けていた。

 1921年、王制時代のギリシャで王室の一員として生まれた。父は国王の弟で、母は英国のビクトリア女王につながる名門の出身だった。ギリシャの王制がクーデターで倒れると、赤ん坊だった殿下は家族とともに、英軍に救出された。一家はフランスに亡命した後でばらばらになり、殿下は幼少期にフランスや英国、ドイツを転々として教育を受けた。

 殿下は英国の貴族が父親代わりとなり、英海軍の士官学校に進んだ。在学中、ジョージ6世国王の一家が士官学校を訪問した際、エリザベス王女の案内役を務め、なれそめとなった。

 第2次世界大戦では地中海でドイツ軍との戦闘に参加した。即位前のエリザベス王女と47年11月に結婚した後も軍務を続けたが、女王の即位前に海軍での任務を終え、公務に専念した。

 エリザベス女王とともに75年に日本を訪れた。自然保護にも熱心に取り組み、世界自然保護基金(WWF)総裁としても訪日した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1974772 0 国際 2021/04/09 21:09:00 2021/05/08 22:00:03 2021/05/08 22:00:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)