読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】米に訴える韓国「我々の立場わかってほしい」…「対中包囲」参加要求され

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=豊浦潤一】韓国の徐薫ソフン国家安保室長が2日、米国でジェイク・サリバン米国家安全保障担当大統領補佐官らと会談した際、米側から、中国を念頭に置いた「クアッド」と呼ばれる日米豪印の枠組みに加わるよう強く求められていたことがわかった。日米韓協議筋が本紙に明らかにした。

 徐氏はサリバン氏らに対し、「基本的に同意するが、我々の立場もわかってほしい」と訴えたという。韓国はこれまで「特定の国をけん制する排他的な地域構造は作るべきではない」(外交省の崔鍾建チェジョンゴン第1次官)との立場を主張してきた。徐氏は「中国包囲網」の一角を担うことには、消極的な意向を示したとみられる。

 会談では、北朝鮮政策を巡り、米バイデン政権と対北融和路線を取る文在寅ムンジェイン政権との見解の相違も浮き彫りになった。

 徐氏は、米朝交渉の早期再開を求めたが、米側は「過去の(トランプ前)政権のように無分別な対話はこれからは行わない」と述べた。米側が北朝鮮の人権弾圧を問題視したのに対し、韓国側は北朝鮮に人権問題を提起すれば、南北対話の障害になるとの立場だ。徐氏は北朝鮮の人権問題を提起することには同調しなかった模様だ。

 徐氏は今回の訪米で、文大統領とバイデン大統領との対面による首脳会談の日程確定を目標としていた。対北政策を巡る首脳間の調整を急ぐ狙いに加え、日米首脳会談を控える日本に対米外交で大きく後れを取っているとの世論の批判を警戒しているためだ。早期の開催を打診した徐氏に対し、米側は「検討する」と述べるにとどまったという。

 この会談とほぼ同時の3日(日本時間)には、中国の王毅ワンイー国務委員兼外相と韓国の鄭義溶チョンウィヨン外相が中国で会談した。王氏は、韓国が日米と対中けん制で歩調を合わせないようくぎを刺したとみられており、米中がそれぞれ韓国の取り込みを図っていたことになる。

無断転載・複製を禁じます
1977327 0 国際 2021/04/11 05:00:00 2021/04/11 09:57:12 2021/04/11 09:57:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)