読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

台湾の離島「たった2日で砂浜が消えた」…中国船が採取、その後数百隻の大船団襲来

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国沿岸部に位置する台湾・馬祖ばそ列島に昨年、海砂採取船など中国の民間船舶が大挙押し寄せ、環境破壊を引き起こした。今月上旬、なお深刻な後遺症が残る馬祖を訪れた。(馬祖列島・南竿島、北竿島 杉山祐之、写真も)

「浜ではエビ1匹取れなかった」

馬祖列島からは、中国福建省の陸地がすぐ近くに見える(7日、北竿島で)
馬祖列島からは、中国福建省の陸地がすぐ近くに見える(7日、北竿島で)

 台湾軍の防御陣地「トーチカ」が点在する馬祖列島の海岸部から明るく輝く西の海を眺めると、10キロほど先に中国福建省の高層ビル群や風力発電機のプロペラが見える。

 馬祖の人口は約1万3300人。そのうち約7600人が住む南竿島の浜辺で民宿を営む林建中さん(53)は昨年夏、悪夢のような光景を見た。

 「たった2日で、目の前の砂浜が消えた」。いつもの夏なら季節風や海流の関係で、ひと月ほどかけて砂が消え、秋に戻ってくるという。異変は他の浜でも起きていた。

 原因は自分の目で確認できた。多数の中国海砂採取船が沖合で操業していた。10月、事態は更に悪化した。数百隻の大船団が馬祖に来たのだ。島民らは「見渡す限り、海が中国船で埋まっていた。怖かった」と口をそろえる。

海砂採取船によって砂浜が消えたと語る林建中さん(6日)
海砂採取船によって砂浜が消えたと語る林建中さん(6日)

海砂採取船や砂の運搬船に、漁船も交じっていた。民進党地元支部の李問主任委員がその理由を解説する。「水深二十数メートルの海域で行われる海砂採取で、エビやカニ、貝類、魚など砂地の生物が巻き上げられる。それを食べる大型の魚も集まる。だから漁船が海砂採取船に寄ってくる」

台湾側に摘発され、南竿島の港に係留される中国の海砂採取船(6日)
台湾側に摘発され、南竿島の港に係留される中国の海砂採取船(6日)

 海の生態系が根こそぎ荒らされた。林さんは「去年、浜ではエビ1匹取れなかった。もう漁も釣りもだめだ」と肩を落とす。2月の旧正月頃に海砂採取船はほぼ消え、砂も徐々に戻ってきたが、その厚みは以前の同じ時期に比べると、1メートル以上減ったという。

 

残り:919文字/全文:2002文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1981145 0 国際 2021/04/13 05:00:00 2021/04/13 12:01:54 2021/04/13 12:01:54 馬祖列島からは、中国福建省の陸地がすぐ近くに見える(北竿島で)=杉山祐之撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210413-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)