読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米国務省「国際基準に従った方法」と声明、日本の海洋放出方針を評価

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】東京電力福島第一原発の「処理水」を海洋放出する方針を日本政府が正式決定したことを受け、米国務省のネッド・プライス報道官は12日、「原子力安全に関する国際基準に従った方法を採用したとみられる」との声明を出した。日本の方針を評価したものだ。

米ホワイトハウス
米ホワイトハウス

 声明は「特殊で困難な状況下で、日本は複数の選択肢を比較検討し、自らの決定について透明性を確保してきた」としている。海洋放出の「有効性を監視する日本政府が引き続き連携し、意思疎通していくことを期待する」とも述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1981728 0 国際 2021/04/13 11:29:00 2021/04/13 11:42:47 2021/04/13 11:42:47 ホワイトハウス。米ワシントンで。2017年2月10日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210413-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)