読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】ASEAN首脳、ミャンマー情勢協議へ…国軍トップも出席で調整

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【バンコク=田原徳容、ジャカルタ=川上大介】東南アジア諸国連合(ASEAN)は、国軍による市民への武力弾圧が続くミャンマー情勢を巡り、特別首脳会議をインドネシアで24日に開く方針を固めた。複数の関係者が明らかにした。域内主導で事態の打開を図る。国軍トップのミン・アウン・フライン最高司令官も出席する方向で調整が進んでいるという。

ミン・アウン・フライン氏(AP)
ミン・アウン・フライン氏(AP)

 関係者によると、各加盟国の首脳級がジャカルタを訪れ、対面で協議する。各国がミャンマーに対し、状況を説明するよう求め、武力弾圧の停止と人道支援の受け入れを要請する見通しだ。タイを訪問しているクリスティン・ブルゲナー国連事務総長特使が首脳会議に参加する可能性もある。

 首脳会議はインドネシアやシンガポールが開催を求めていた。ミャンマーの弾圧を「国内問題」とみるタイやカンボジアは当初、消極姿勢だったが、容認に転じた。ミャンマー国軍が3月下旬以降、少数民族武装組織の拠点を空爆し、多くの避難民がタイ側に流入したため、域内安全保障にかかわる「緊急事態」(外交筋)と判断したとみられる。

 ミン・アウン・フライン氏や国軍幹部が会議に出席すれば、国軍による民主政権転覆の正当性を認めたとの反発を、多くのミャンマー国民から招くのは必至だ。弾圧を非難する米欧が反対する可能性もある。

 ミャンマーの人権団体「政治犯支援協会」によると、弾圧による市民の死者数は15日現在で726人に上る。9日には中部バゴーで80人以上が死亡した。

無断転載・複製を禁じます
1991215 0 国際 2021/04/17 05:00:00 2021/04/17 10:30:27 2021/04/17 10:30:27 Myanmar?Vs Commander-in-Chief Senior General Min Aung Hlaing presides an army parade on Armed Forces Day in Naypyitaw, Myanmar, Saturday, March 27, 2021. The head of Myanmar’s junta on Saturday used the occasion of the country’s Armed Forces Day to try to justify the overthrow of the elected government of Aung San Suu Kyi, as protesters marked the holiday by calling for even bigger demonstrations.(AP Photo)ミン・アウン・フライン国軍司令官(AP)※顔写真用です https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210416-OYT1I50124-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)