読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米が介入に否定的…韓国外相が一転、条件付きで「処理水放出に反対することはない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=建石剛】韓国の鄭義溶チョンウィヨン外相は19日、国会答弁で、日本政府が東京電力福島第一原子力発電所の処理水を海に放出する方針を決めたことについて「国際原子力機関(IAEA)の基準に合う手続きでなされるなら、我々が反対することはない」と述べた。

韓国・青瓦台
韓国・青瓦台

 韓国は、文在寅ムンジェイン大統領が大統領府の会議で国際海洋法裁判所への提訴を積極的に検討するよう指示するなど、海洋放出に反発を続けていた。ただ、17日に訪韓して鄭氏と会談した米国のジョン・ケリー気候問題担当大統領特使は報道陣に「(日本の決定は)透明性がある」などと述べた。米国が介入に否定的なことを受けて、韓国政府も方針の修正を図ろうとしている可能性がある。

無断転載・複製を禁じます
1996108 0 国際 2021/04/19 20:29:00 2021/04/20 09:22:07 2021/04/20 09:22:07 青瓦台 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210420-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)