読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

温家宝前首相の発言が波紋、中国は「公平と正義に満ちた国であるべきだ」と主張

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=比嘉清太】中国の温家宝ウェンジアバオ前首相(78)が、マカオ紙への寄稿で「中国は『公平と正義に満ちた国』であるべきだ」と主張し、波紋を呼んでいる。ネット上では、国内の統制を強める習近平シージンピン政権を批判する意図があるのではないかとの見方が流れている。中国のSNSでは、温氏の寄稿の転送が制限された。

温家宝前首相(ロイター)
温家宝前首相(ロイター)

 胡錦濤フージンタオ前政権で首相を務めた温氏は、政治改革推進を訴えた改革派指導者として知られる。寄稿は「私の母親」と題して亡母への追憶を記したもので、3月下旬以降、4回にわたり週刊紙「マカオ導報」に掲載された。

 注目を集めたのは、温氏が最終回で「侮辱や抑圧に反対する」と強調したことだ。「永遠に人の心や人道、人の本質が尊重され、永遠に青春や自由の気概があるべきだ」との記述もあった。

 寄稿によれば、教師だった父親は、1966~76年の大衆政治運動「文化大革命」に際して迫害され、視界が遮られるほど顔を殴られたという。習政権下では、中学校で使われる歴史の教科書で文革の章が削除されており、文革への批判のトーンが弱まったと指摘されている。

無断転載・複製を禁じます
1996570 0 国際 2021/04/20 07:04:00 2021/04/20 19:29:05 2021/04/20 19:29:05 China's newly-elected Premier Li Keqiang (L) and China's former Premier Wen Jiabao shake hands during the fifth plenary meeting of National People's Congress (NPC), at the Great Hall of the People in Beijing, March 15, 2013. REUTERS/Jason Lee (CHINA - Tags: POLITICS ELECTIONS)★国際部が2021年4月19日にロイターから購入(定額でDL) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210419-OYT1I50111-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)