中国爆撃機10機超、9時間にも及ぶ爆撃訓練…台湾への攻撃力アピールか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=中川孝之】中国軍で台湾を管轄する東部戦区は20日、空軍の爆撃機「轟(H)6」10機以上が最近、連続9時間に及ぶ爆撃訓練を行ったとSNS上で伝えた。中国は日米首脳会談の共同声明で台湾問題が明記されたことに反発しており、台湾への攻撃力を誇示する狙いがあるようだ。

中国軍のH6型爆撃機(台湾国防部提供)
中国軍のH6型爆撃機(台湾国防部提供)

 中国東部の軍用空港を離陸後に編隊飛行し、敵地と想定した訓練場に爆弾を投下した。香港紙サウスチャイナ・モーニングポストによると、訓練場は内陸部の青海省にあるという。

 H6は対地・対艦ミサイルを搭載でき、台湾有事の際は台湾本島の攻撃を担うとみられている。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1998342 0 国際 2021/04/20 18:19:00 2021/04/21 02:14:47 2021/04/21 02:14:47 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210420-OYT1I50080-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)