読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

啓蒙思想を「日本化」出来た「超多神教」の社会…「つまみ食い」した中国は「異端児」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米中の覇権争いは米バイデン政権発足後、民主主義など価値観を巡る対立が一段と目立つ。中国は人権抑圧を強引に進め、米国はこれを理由に制裁などの対抗措置に走る。
 米国は国内的にも思想対立を抱える。反移民など保守的価値を叫ぶ共和党トランプ前大統領はリベラルな民主党バイデン氏の大統領選勝利を拒み、支持者の議会乱入という暴挙を招いた。
 安全保障で米国、経済で中国と関係の深い日本は、共産中国、米保守、米リベラルの3派に常に向き合っていると言える。それぞれの源流はどこにあるのか。その理解を踏まえ、どんな外交を志向すべきか。カトリック教会の総本山、バチカンでかつて日本大使を務め、宗教や文明と政治の関係に詳しい上野景文氏に聞いた。(国際部次長 柳沢亨之)

「啓蒙思想教」とキリスト教。バトルが激しい米国はある意味健全

 米国を通して何が見えるかという話から始めます。新聞やテレビで「米国は分断している」と言われます。「分断」には二つの側面があります。一つは経済や教育など世俗的な要因による分断です。二つ目は文明や宗教から来る分断です。この二つ目の方を見たいと思います。

 米国の分断を見るために有効な補助線は「啓蒙けいもう思想」です。啓蒙思想の受け入れに前向きな人たちが一方にいます。他方に、啓蒙思想の受容に消極的な人たちがいます。つまり、啓蒙思想が出てくる前の17世紀頃のキリスト教的価値観の方がいいと思う人たちです。

 啓蒙思想は「世界の中心」だった神を棚上げし、そこに人間を持ってくることで、「神中心主義」から「人間中心主義」への転換を導く考え方です。宗教を封じ込める世俗主義の思想です。

「日本人のアニミズムは何でも取り込み、民主主義も仏教も日本化させます。日本はアニミズムとハイテクが融合した稀有(けう)な文明です」。東京都台東区の浅草寺で。後方に東京スカイツリーが見える=鈴木竜三撮影
「日本人のアニミズムは何でも取り込み、民主主義も仏教も日本化させます。日本はアニミズムとハイテクが融合した稀有(けう)な文明です」。東京都台東区の浅草寺で。後方に東京スカイツリーが見える=鈴木竜三撮影

 米国では「人間中心主義」の新しい文明観と「神中心主義」の旧文明観の間で綱引きが行われています。文明的には米国は二つあると言えます。「二つの米国」は長年、すみ分けてきました。太平洋・大西洋の沿岸部分は大体、新文明派で、内陸部は旧文明派です。

 共和党支持者が多い米内陸部の世界観には18、19世紀的な意識が残り、銃を所持し、中絶に反対します。欧州連合(EU)で言えば、神を信じる人の割合が高いルーマニアやポーランドなど欧州の周縁部に近いです。

 米国の沿岸部の人たちは、脱宗教を志向する北欧やベネルクス3国、フランスに近いです。LGBT(性的少数派)の権利を訴える超現代的な人たちです。米国は21世紀と18、19世紀の意識が同居した社会です。

 フランスや北欧にも文明の対立はありますが、新文明派が圧倒的に強い。逆に周縁部では旧文明派が強く、啓蒙主義志向のEUに反発します。中間がイタリアで、米国と同様、新文明と旧文明の力関係が伯仲しているため、衝突のエネルギーが大きくなります。

 啓蒙思想には、個人の自由を絶対視する「自由教」のほか、「人権教」、「民主主義教」、公の場所から宗教を締め出すフランス式の「ライシテ(政教分離)教」、科学を信仰する「科学教」があります。啓蒙思想の人たちはこれらの正義を奉ります。

 キリスト教は仏教や神道と違って、絶対的な善や悪へのこだわりが非常に強い。啓蒙思想は、キリスト教の鋳型と宗教的な情熱をそのまま引き継いでいます。一言で言うと、啓蒙思想は宗教です。米国では今、「啓蒙思想教」という宗教とキリスト教という宗教とがバトルしています。わかりやすく言うと、「宗教戦争」です。

 このバトルが激しいことは米国の特徴で、ある意味で健全です。西洋では米国で例外的に伝統主義派が元気です。西洋で啓蒙主義派の攻勢に対する防波堤役を担っているのは、バチカンと米国の伝統主義派です。

 「分断」とは、一つにまとまっていたものが分かれることです。米国は元々一つでないので、分断という概念そのものが間違っていると思います。新旧文明の勢力が伯仲する米国では、勢いづいた方が選挙で勝ちます。先の大統領選では、新文明派に風が吹きました。4年後や8年後には逆の方にシフトするかもしれません。二つの文明は、共和、民主の2大政党と表裏の関係にある感じがします。

フランスの「宗教たたき」。中国共産党の発想が似ている

 「ライシテ」のフランスは、言論の自由を絶対視し、それが宗教を冒とくしたとしても意に介しません。フランスは「啓蒙思想教」の元祖のような国で、フランス革命以降ずっとカトリック教会を締め上げてきました。「宗教たたき」の対象は、初めはカトリック教会でしたが、今はイスラムです。イスラムが禁じる画像、それも預言者ムハンマドの風刺画をフランスの週刊紙が掲載し、テロ事件が起きています。

残り:1386文字/全文:3492文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
2027569 0 国際 2021/05/03 08:46:00 2021/05/03 08:46:00 2021/05/03 08:46:00 「あすへの考」、元バチカン大使の上野景文さん。東京スカイツリー(3月11日、東京都台東区の浅草寺で)=鈴木竜三撮影「あすへの考」、元バチカン大使の上野景文さん。東京スカイツリー(3月11日、東京都台東区の浅草寺で)=鈴木竜三撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210427-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)