読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ミャンマー情勢、ASEANの外交努力を見守る考え…国連安保理議長国の中国

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=寺口亮一】5月の国連安全保障理事会議長国になった中国の張軍国連大使は3日、国軍が一般市民の弾圧を続けるミャンマー情勢を巡り、当面は東南アジア諸国連合(ASEAN)の外交努力を見守る考えを示した。米ニューヨークの国連本部での記者会見で明らかにした。

 張氏はミャンマーの事態沈静化に向けた安保理の対応を問われ、「現時点ではASEANが建設的役割を果たせるよう支援することだ」と述べ、制裁発動には慎重な姿勢を見せた。

 米バイデン政権が見直しを終えた対北朝鮮政策については、「厳しい圧力ではなく、対話に向けた外交努力に力点が置かれるよう期待する」と語り、制裁を一部緩和する必要性も改めて主張した。

無断転載・複製を禁じます
2029884 0 国際 2021/05/04 20:19:00 2021/05/04 20:19:00 2021/05/04 20:19:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)