読売新聞オンライン

メニュー

中国人口は本当に14億人?…14歳以下で出生データに差、水増し疑惑

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=田川理恵】中国政府が11日に発表した2020年国勢調査の結果について、人口の増加が不自然ではないかとの指摘が相次いでいる。少子化の加速により、実際は人口が減少していることを覆い隠すためにデータを水増ししたとの見方も出ている。

 中国国家統計局は、20年の香港、マカオを除く中国本土の14歳以下の人口は2億5338万人だったと発表した。対象は06~20年に生まれた子どもだ。

 だが香港紙・明報(電子版)などによると、統計局がこれまでに公表した06~20年の出生数の総計は約2億3900万人にしかならない。国勢調査が示した14歳以下人口と比べ、1400万人あまりの差が生じており、つじつまが合わない。

 過去の国勢調査にも疑問を呈してきた人口問題研究家・易富賢氏は、「20年調査は14歳以下で大幅な人口の水増しが行われ、最もひどい」と指摘する。

 国勢調査では20年の総人口を14億1178万人と発表しているが、病院での新生児届け出数や学校の児童数などをもとにした易氏の推算によると、20年の総人口は12億8000万人に届かず、出生数も1000万人を下回るという。

 統計局は12日夜、「国勢調査の対象年以外は、サンプル調査による推算のため誤差がある」などと反論する文書をホームページに掲載した。今回は調査の登録漏れが減ったため、「以前に発表した出生数から、対応する年齢の人口は多少増える」とも主張した。

無断転載・複製を禁じます
2047724 0 国際 2021/05/13 05:00:00 2021/05/13 10:35:25 2021/05/13 10:35:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)