読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

イスラエル軍、ハマス拠点150か所を空と陸から攻撃…累計の死者122人・負傷者900人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【エルサレム=工藤彩香】イスラエル軍は14日未明、パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム主義組織ハマスに対し、ガザとの境界付近に集結させた地上部隊による本格的な攻撃を開始した。10日に始まった軍事衝突で双方の死者数は120人を超えた。

 イスラエル軍によると、ハマスの拠点約150か所を空と陸から攻撃した。地上部隊のガザ侵攻には至っていない。ガザの保健省によると、ガザの累計の死者は122人、負傷者は900人に達した。ハマスもロケット弾攻撃を続け、イスラエルの警察によると、イスラエル側の死者は累計で7人に上る。

 「爆音の度に赤い閃光(せんこう)がひらめき、街に一晩中悲鳴が響いていた」。ガザの本紙通信員が伝えた14日未明の現地の状況だ。民家の窓にも重い爆風が吹き込んだという。イスラエル軍はわずか35分で420発の爆弾をさく裂させたとされる。

 通信員によると、ガザ市の病院には14日、負傷者100人以上が運ばれた。医師アシュラフ・エルケドラさん(47)は「多くは子どもを含む民間人だ。新型コロナで医療崩壊が起きているのに戦闘が始まった。手が回らない」と憤る。

 イスラエル軍が14日に狙った主な標的はハマスの地下トンネルだ。境界付近に地上部隊を集めてハマスをおびき寄せ、トンネルから出てきたところを攻撃したとみられる。トンネルはロケット弾の発射や兵器の運搬に使われているとされる。

 イスラエルは10日からの作戦で、ハマスのロケット弾製造拠点を集中的に破壊し、開発にかかわる幹部らも殺害している。ロケット弾の長距離化を懸念しているためだ。ハマスは13日、南部エイラートの空港を射程250キロ・メートルのロケット弾で攻撃したとの声明を出した。事実なら、イスラエル全土に達する長さだ。

 今後の焦点はイスラエルが2014年以来の地上侵攻に踏み切るかどうかだ。多数の兵士が死亡する危険があるためだ。兵士がハマスに誘拐される恐れもある。その場合、見殺しにするか、解放のために譲歩するかの厳しい選択を迫られる。侵攻の決断は容易ではない。

 ◆ロケット弾=ロケットエンジンの推力で発射される砲弾。小翼を備えるが、誘導装置を欠くため、精密な攻撃は難しいことが多い。ハマスはイランなどの技術を基に自前でも製造しているとされる。ガザに撃ち込まれたイスラエル軍の不発弾を回収・解体し、再利用しているともみられている。

無断転載・複製を禁じます
2053150 0 国際 2021/05/14 22:54:00 2021/06/12 23:00:03 2021/06/12 23:00:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)