読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[奔流デジタル]#動揺する民主主義<番外編>北、命がけの韓国ドラマ閲覧「別世界のよう」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

平壌で、端末の画面を見る女性。金正恩氏が国民に謝意を示したとの報道内容が記されている(1月、AP)
平壌で、端末の画面を見る女性。金正恩氏が国民に謝意を示したとの報道内容が記されている(1月、AP)

 インターネット空間が拡大する世界の動きとは逆に、北朝鮮は国民を「ネット以前」の状況にとどめる動きを強めている。情報の出入りが体制を揺るがすことを極度に恐れているためだ。(ソウル 建石剛)

国内のみ

 北朝鮮内部と連絡を取る脱北者らによると、北朝鮮でも「自国製」スマートフォンが流通し、見た目も多くの国で使われているものと変わらない。韓国人の専門家は「入手したスマホを解体したら、部品は中国や台湾製のものが多かった。システムを自作して通信を統制しているとみられる」と話す。

 大きな違いは、ネット上のサイトへの接続や国際電話など国外との通信ができないことだ。見ることができるのは、アプリ上のゲームや国内限定のメッセージのほか、朝鮮労働党機関紙「労働新聞」など体制メディアの報道だけだ。

当局監視

 2017年に韓国に来た脱北者男性によると、スマホには国外の情報が自動削除されるアプリが組み込まれているが、この機能を一時的に無効にする技術も広がっているという。ドラマや映画などがメモリーカードに収められ、これを闇市場で入手し、スマホに差し込むと閲覧できるという。

 男性は大学生だった約5年前、夜中に自宅で頭まで布団をかぶり、韓国で人気だった時代劇「チュノ~推奴~」をよく見ていた。捕まったら死ぬ覚悟だった。同級生らが海外のドラマなどを回し見していたことが見つかり、学校内の施設で約1年間、労役に服したことを知っていたからだ。スマホを操作する間、定期的な当局の見回りに遭遇したこともあるが、「勉強中だ」と言って乗り切った。

 男性は「『不自由』な状況で『自由』を享受することが、どれほど心に染み入ることか。自由への欲望をかなえるなら、命もかけられた。(映画を見ている時間は)別の世界に来ているようだった」と話した。

離反恐れ

 北朝鮮の経済は今、新型コロナウイルス対策の国境封鎖や自然災害で大打撃を受けている。金正恩キムジョンウン朝鮮労働党総書記率いる体制は国民の不満が一層募る事態を恐れる。正恩氏は4月末に公開した文書で「青年の健全な精神をむしばむ要素を黙認してはならない」と述べた。デジタル機器を通じた国外情報流入の動きをつぶす方針を示したものだ。

 北朝鮮は昨年12月、「反動思想文化排撃法」を採択した。韓国ドラマなどを流通させた場合は最高で死刑となる。韓国紙・国民日報によると、学生約1万人が昨年末、警察に申し出て「自首」したという。

 北朝鮮に詳しい朴元坤パクウォンゴン・梨花女子大副教授によると、締め付けの主な標的は10歳代半ばから約30歳の若年層だ。この世代は、国家からの配給停止で広がった闇市場などを通じて外国文化に触れてきたため、体制への忠誠心が比較的薄いとされる。スマホも操る。

 朴氏は「正恩氏は若者の離反を恐れている」とみる。ある脱北者は「北朝鮮国民が国外のネットに接続したら、1年以内に国(体制)が滅びるだろう」と話した。

流出阻止

 北朝鮮は国内の情報流出にも敏感だ。体制の弱点を握られたり、国際機関から人権問題を指摘されたりするのを避けるためだ。

 脱北者らによると、以前は閲覧できた正恩氏の論文など思想教育のための文書や動画は最近、スマホで見られなくなった。体制宣伝要員が地域を回る際にも紙の資料がほぼなくなり、USBメモリー内に保存されている動画や資料を見せて教育している。

 動画などはパスワードがかけられ、一度しか開けない。専門家は「北朝鮮当局は宣伝要員も信用していない。動画や資料の外部流出を防ぐためだ」とみる。

[DATA]18%

 韓国政府系銀行の調査研究機関が昨夏に発表した報告書によると、北朝鮮では推定約450万人が携帯電話を保有している。国民の18%が持っている計算となる。スマホの保有率は不明だが、ある韓国人専門家は携帯電話全体の3割程度とみる。

無断転載・複製を禁じます
2053377 0 国際 2021/05/15 05:00:00 2021/05/15 06:54:05 2021/05/15 06:54:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210515-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)