読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

イスラエル軍、外国メディアのビル破壊…ガザ一斉攻撃へ誤情報流した疑いも浮上

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【エルサレム=工藤彩香】イスラエルが15日、パレスチナ自治区ガザ地区に行った空爆で、米AP通信などの報道機関が入居するビルを破壊した。陽動作戦のために外国メディアに誤情報を流した疑いも浮上し、国際社会の批判が一段と高まっている。

15日、ガザで、イスラエル軍の空爆で倒壊したビル。米AP通信などが入居していた(AP)
15日、ガザで、イスラエル軍の空爆で倒壊したビル。米AP通信などが入居していた(AP)

 イスラエル軍は15日、「ハマスの拠点がある」として、AP通信などが入居するビルを攻撃した。報道機関には事前に避難を呼びかけ、記者らに負傷者は出なかったものの、バイデン米大統領はこの件を踏まえ、15日の電話会談でベンヤミン・ネタニヤフ首相に懸念を示した。AP通信も声明を出し、「世界は、ガザで何が起きているのかを知ることができにくくなる」と抗議した。

 また、イスラエル軍は14日、ツイッターで「ガザで地上攻撃を行っている」と発表した。米紙ワシントン・ポストやニューヨーク・タイムズなどが「地上侵攻」と速報したが、実際は侵攻しておらず、軍が2時間後に情報を訂正した。

 イスラエル主要紙ハアレツは、軍が誤情報を流したのは、ハマスに地上侵攻を信じこませ、戦闘員が攻撃に使う地下トンネルに集まったところを一斉攻撃するためだったと分析する。

 実際、軍はガザ地区の約150か所に対し、40分間で約450発の爆弾を撃ち込み、地下トンネルの多くを破壊したとしている。

 外国メディアからの抗議を受け、軍は15日、文書で謝罪した。ただ、誤情報については「報道官の純粋なミス」と釈明した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2056102 0 国際 2021/05/16 21:19:00 2021/05/16 23:55:22 2021/05/16 23:55:22 People gather at in front of a  building housing AP office and other media in Gaza City that was destroyed after Israeli warplanes demolished it, Saturday, May 15, 2021.  The airstrike Saturday came roughly an hour after the Israeli military ordered people to evacuate the building. There was no immediate explanation for why the building was targeted. (AP Photo/Hatem Moussa) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210516-OYT1I50079-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)