読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

拘束住民を「人間の盾」に…手段選ばぬミャンマー国軍

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【バンコク=津田知子】国軍がクーデターを強行したミャンマーの北西部チン州で、国軍が市民を「人間の盾」に使い、地元市民の武装組織を退散させた。地元メディア「イラワジ」など複数のメディアが15日に報じた。抵抗勢力の撲滅に向け、国軍が手段を選ばない姿勢が鮮明となった。

クーデターに抗議するデモ参加者(14日、ヤンゴンで)=AP
クーデターに抗議するデモ参加者(14日、ヤンゴンで)=AP

 国軍に抵抗する市民の一部は、独自に武装組織を構成し、国軍側を攻撃する動きを見せている。報道によると、チン州で国軍の部隊と武装勢力が12日以降、武装勢力の拠点都市ミンダットで戦闘を繰り広げ、武装勢力側に少なくとも5人の死者が出たとされる。国軍側は15日、重火器などを使った攻撃を展開し、拘束した多数の住民を盾代わりとして前線に配置した。武装勢力側は「住民を傷つけられない」として、ミンダットを離れたという。

 16日付の国営紙はこの戦闘について、「国軍部隊が暴徒に襲われ、兵士数人が殺害された」と報じた。部隊はミンダットを制圧し、住民の拘束を続けているという。国軍に反発する民主派勢力が樹立した「国民統一政府」は、「住民が危機に直面している」との声明を出し、国際社会に暴力停止に向けた行動を求めた。

無断転載・複製を禁じます
2056525 0 国際 2021/05/17 00:41:00 2021/05/17 09:04:10 2021/05/17 09:04:10 Anti-coup protesters flash the three-finger salute during a demonstration in Yangon, Myanmar, Friday, May 14, 2021. (AP Photo) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210517-OYT1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)