読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「パリにとって、テラス席の存在は大切」半年ぶりに営業再開へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【パリ=山田真也】フランスで約半年にわたって閉鎖しているレストランやカフェなど飲食店のテラス席が、19日から営業を再開する。新型コロナウイルス対策の規制が緩和されるためで、パリなどではテラス席を設置する工事が急ピッチで進んでいる。

 パリのオペラ座近くにある老舗レストラン「ドルーアン」は新たなテラス席を設置、木製の簡易床を敷き、囲いを設けた。担当者は「再開を待ち焦がれている。テーブル同士を離すなどコロナ対策をきちんと行う」と話した。当面は定員の半分での営業が許可される。

 仏メディアによると、外食を心待ちにしている人たちの予約が殺到しているという。美容師アイダ・グバギデイさん(47)は「パリにとってテラス席の存在は大切。昼休みに食べに行くのが待ち遠しい」と喜ぶ。

 仏政府は19日に夜間外出禁止の開始を午後9時からに緩和。6月9日には屋内席の再開も認める方針だ。

無断転載・複製を禁じます
2059797 0 国際 2021/05/18 10:56:00 2021/06/16 11:00:02 2021/06/16 11:00:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)