読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「米国は世界のワクチン倉庫に」バイデン氏、さらに2千万回分を国外提供へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米国のバイデン大統領は17日、新型コロナウイルスワクチンの国外への供給を拡大する方針を表明した。既に発表した6000万回分に加え、6月末までに2000万回分を追加提供する。ワクチンを独占しているとの批判をかわし、自国産ワクチンを途上国などに配って「ワクチン外交」を展開する中露をけん制する狙いがあるとみられる。

ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン
ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 バイデン氏はホワイトハウスでの演説で「米国は十分なワクチンを確保した。今後は世界のためのワクチンの『倉庫』になる」と訴えた。具体的な提供先は示さなかったが、ジェン・サキ大統領報道官は「数日中に基準を決める」と述べた。

 バイデン政権は4月、英製薬大手アストラゼネカ製6000万回分を途上国などに配布すると発表。これに加え、今後6週間で米ファイザー、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発した3種類のワクチン計2000万回分も提供する。

 米国では成人の約6割が少なくとも1回のワクチン接種を受け、新規感染者は全米で減少傾向にある。インドなどでは変異ウイルスが大流行しており、米国はワクチンを確保できない国への提供を積極的に行うべきだとの声が国内外で強まっていた。

 バイデン氏は「我々は他国の好意を得るためにワクチンを利用することはない」とも語り、ワクチン外交を活発化させる中露を当てこすった。

無断転載・複製を禁じます
2060178 0 国際 2021/05/18 13:42:00 2021/05/18 14:01:33 2021/05/18 14:01:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210518-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)