読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

台湾の駐日代表と米臨時代理大使、台湾の代表公邸で意見交換…日本の政治家も同席

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 台湾の台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(駐日大使に相当)は25日、ジョセフ・ヤング米駐日臨時代理大使を代表公邸に招いて会食し、「地域の平和や繁栄などの問題について意見交換をした」と自身のフェイスブックで明らかにした。

 会食したのは24日夜で、謝氏は投稿で、日本の政治家も同席していたことを明らかにし、「3者が連絡と協力を強化することは非常に重要だ」と強調した。ヤング氏も自らのツイッターで「充実した意見交換をした」と書き込んだ。

 台湾の駐日代表が米駐日大使を代表公邸に招いたのは、1979年の米台断交以来初めて。両氏は3月にも東京の米大使公邸で会食していた。台湾を中国の一部とみなす中国政府は、台湾と他国の当局者間の交流を認めていない。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2077973 0 国際 2021/05/25 20:57:00 2021/05/26 00:29:57 2021/05/26 00:29:57

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)